IoTって何? 最新技術【Internet of Things】

モノのインターネット

最近トレンドワードとしてニュースなどによく登場する【IoT】というキーワード

「IoTとは何か?」について答えられますか?

「Internet of Things」の略で、よくある解説の言葉を借りれば「モノのインターネット」と訳します。

情報通信機器(パソコンやスマホなど)に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、皆さんの生活やビジネスが根底から変わるというのです。

IoTってなにがすごいの?

何と言っても、【IoT】の真骨頂は離れた「モノ」を操作することでしょう。

  • エアコンの電源をスマホから入切する
  • 照明の制御をする

自分が外出時、照明機器やエアコン・ヘルスケア機器やその他の家電をインターネットに接続したり、給湯器・風呂釜などの家電以外の機器の状態モニターやリモコン制御等をすることも可能です。

更に工場内・ビル内・店舗内・病院内・学校内や屋外等あらゆる場所に設置された様々なセンサーの情報を取得することも可能です。

特殊な場所や限られた場所で使われる技術ではありません。

離れた場所に状態を知りたいモノがある時や、離れた場所に状態を変えたいモノがある場合には全てが適用場所になります。

自動車分野におけるIoT

また、最近は日産自動車等のCMなどでもよく見ますが、「自動運転システム」の開発を急いでいます。自動運転システムにより、センサーを搭載した自動車は「走る」「回る」「止まる」などの動作を自動で行うことができます。すでに一部の自動車に搭載されている「自動ブレーキ」機能は、自動運転の先駆けと言えるでしょう。

他にも、自動車とスマートフォンと接続することにより、カーナビを利用しなくても道順を知ることができたり、車内で音楽を楽しめたりするスマートデバイスの活用が進められています。

医療分野におけるIoT

医療分野におけるIoTでは、着用型ウェアラブルデバイスが活躍中です。

着用型ウェアラブルデバイスによる自分の健康状態の記録・管理・医師との共有は、健康管理に役立ちます。

健康状態が悪化した際に注意のアラートを出すデバイスもあります。

健康管理や医療のIoT化により、病気の予防と効率的な治療の両方が可能です。

農業におけるIoT

農業でも、IoTが活用されております。例えば、ハウス栽培における水やりや肥料の自動システムは IoTの一環です。ただ水や肥料を与えるのではなく、農地に取り付けたセンサーで読み取った日射量や土壌の状況をもとに、水や肥料の量や与えるタイミングを計ります。

IoTを農業に活用することにより、節水栽培を可能にしています。

農業の担い手不足が進み、より効率的な生産が必要とされる日本の農業分野では、IoTの重要性が高まっています。

中野区の試み。地域経済・観光の活性化、防災計画でのデータ活用を目的として IoTによる動線解析の実証実験

実際、自治体レベルでもIoTの活用が始まってます。

中野区で、地域活性化や防災など都市づくり・増加する外国人観光客に対するサービス向上などの目的において地域課題の可視化のため下記実験をおこないました。

NHNテコラスとエリアポータルは2016年3月29日、中野区で実施されるIoT(Internet of Things)を活用した実証実験に参加すると発表した。同実験は産官学のIT活用推進団体である情報サービス連携コンソーシアム(ICTSFC)と中野区産業振興推進機構(ICTCO)が同日から5月末にかけて実施する。交通混雑や気象のデータを集めて分析し、防災計画の策定や訪日外国人客の誘致に役立てる。

同実験では近距離無線通信機器のビーコンや無線インターネット接続機器を中野区の各所に設置。通行人の導線や交通量の測定、監視カメラで撮影した映像の分析、気象や気温といったデータの測定などを実施する。

NHNテコラスは収集したデータの蓄積と解析などに関するITシステムを提供する。エリアポータルは収集するデータの企画や実証実験のプロジェクト推進を担当する。センサーで測定したデータをネット経由で収集するため、IoT通信サービスを提供するベンチャーであるソラコムの「SORACOM Air」を利用する。

実証実験の狙いは、地域の産業振興と防災計画の策定を両立させることだ。中野区は中野駅を中心にした再開発を進めており、交通整備や企業誘致にも取り組んでいる。周辺にある複合施設「中野ブロードウェイ」は、アニメや漫画といったサブカルチャー関連商品を求めて、訪日外国人の観光客が増えている。

地元住民や就業者、観光客らが地域で効果的に回遊できるようにするために、通行人の導線や交通の混雑状況を的確に把握する必要性が高まっていた。収集したデータを災害時の避難経路や防災マップ作りにも役立てる。分析したデータの用途としては、デジタルサイネージを使って表示したり、特定地域の交通や災害情報をネット配信したりすることを想定する。

引用: 日経コンピュータhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032900908/

今後、この実験事例を民間企業などの事例に落とし込んでいくことが経済発展に直結していくと感じています。

まとめ

今回はIoTの説明、そしてモノのインターネットの活用事例をご紹介しました。最後にご紹介した、中野の事例に登場した企業様とは親交があるので今後の活躍が楽しみです。