Googleアドセンス申請から設置までの流れ

Google AdSenseグーグルアドセンス)とは

サイトから広告による収益を得られる 「Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは、個人・会社のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

Google AdSense申請の流れ

ここでアドセンスの審査に使えるブログは2種類あります。

  1. 独自ドメインのサイト
  2. Blogger(無料ブログ)

以前は大抵の無料ブログ(ライブドア・FC2など)でも問題なく行えていました。
しかし、2016年4月頃アドセンス申請の仕様が変更され、無料ブログはBlogger以外不可能になっています。

正確には、以下のように、
サブドメイン型のURL、サブディレクトリ型のURLが申請できなくなったのです。

基本的に無料ブログの申請はできなくなったということですが、
AdSenseヘルプにてGoogleはBloggerの利用を推奨しています。

アドセンスの登録申請には上図のようにアドセンスのサイトから行いますが、
Bloggerは他のブログと違って、Bloggerの管理画面からアドセンスの申請ができるみたいです。

この板橋Web向上委員会は独自ドメインサイトなので、独自ドメインでのフローを解説します。

記事の内容について

基本的には、酒、タバコ、ギャンブル、アダルト、児童ポルノ、政治思想など
これらはgoogleの審査に通らないです。

審査は「記事の良し悪し」で決まるのではなく、問題が合った場合は弾かれるという感じなので、記事内容は無難な内容が一番です。

アドセンスの申し込み(一次審査)

アドセンスを取得するには、
あらかじめGmail の登録(Googleアカウントの取得)をしておく必要があります。

他にもGoogleのアカウントで色んなサービスが受けられるので、
アフィリエイト用のGoogleアカウントの取得を済ませておきましょう。

Googleアカウント取得

さて、アドセンスの申し込みの説明です。

以下をクリックして、アドセンスのトップページにいきましょう。
アドセンストップページ

今すぐ開始をクリック。

Googleアカウントにログインしていない場合は以下の様な画面に遷移するので、ログインします。

ブログのURLを入力し、言語(日本語)を設定して次へをクリック。

必要事項を入力して、お申し込みを送信をクリック

利用規約を確認してチェックを入れ、同意をクリック。

今すぐ開始をクリックします。

アドセンスコードをブログに貼る(二次審査)

続いて、アドセンスコードをブログに貼ります。

広告の設定から新しい広告ユニットをクリック。

審査のための広告なので、サイズはどんなものでも構いません。

ここではサイドバーに貼る広告を発行します。

名前の欄に任意の名前を入力し、
サイズはレスポンシブを選択して保存してコードを取得をクリック。

表示されたアドセンスコードをコピーします。

あとは、アドセンスコードを自分のサイトの表示したい場所に貼れば設定は完了です。

審査の可否はメールにて連絡が来るそうです(2016年8月20日に私も申請済み)
これに通ったらアドセンスが正式にブログに貼れるそうです。

審査には早くて1日~2日、遅いと2週間くらいと言われております。(メールにて審査結果の通知がくるそうです)

以上、今回おこなったアドセンスの取得方法についてでした。

ちなみに、審査は厳しいという声も聞きますが、
審査に落ちる場合は大抵がブログの内容に問題がある場合です。

  • コンテンツの量が少ない
  • 不適切な表現がある
  • 画像が著作権を侵害している
  • 既にアフィリエイトリンクが貼られている

などが引っかかるポイントなので、
審査に落ちた場合はこれらをチェックして下さい。

シェアする

フォローする