Google Search Consoleの使い方

Google Search Console【グーグルサーチコンソール】とは

Google Search Consoleとは、Googleが無償で提供する、サイトの管理ツールです。

サイトの運営管理に役立つ機能を多く取り揃えています。

SEO対策・サイトの問題点を改善する際に利用することをおすすめです。

なお、サーチコンソールは旧Googleウェブマスターツールであり、名称が変更された以外に基本的な使い方に違いはありません。ただ、名称変更された2015年5月以降、以前にはなかった新機能がいくつか追加されています。

Google Search Console【グーグルサーチコンソール】の機能

サイトへの訪問キーワードや、サイトに発生した問題などの情報を確認することができます。下記記載の機能があります。

  • ページのクリック数
  • クリック率や掲載順位
  • クエリ(ユーザーが検索時に入力する単語)など。

上記のデータを見れば、サイトがGoogleにどのように認識されているかがわかり、SEO対策やサイト改善へつなげられます。

サーチコンソールでできることのすべてを解説していきます。

さらに詳しく知りたい方は確認してみてください。

1.Googleからのメッセージ(通知)の閲覧・管理

ペナルティと判断された場合はメッセージとして通知されるので、定期的に確認しましょう。
見方:ダッシュボード→メッセージ

2.リッチスニペットに表示されないエラーが通知される

リッチスニペットとは、検索ページに表示されるレビューや画像などのテキスト以外の情報を指します。リッチスニペットが表示されずにデータにエラーが出ている場合、「構造化データ」をチェックするとエラーの内容がわかります。
見方:検索での見方→構造化データ

3.ソースを編集せずにページのデータに意味づけができる

構造化データはふつうHTMLでソースを書き換えますが、ソースを編集せずに、データに意味づけができます。構造化データを編集するのが難しい場合や、HTMLが修正できない場合に使うと便利です。
見方:検索での見方→データハイライト

4.タイトルタグやメタディスクリプションの問題がわかる

クロール時やインデックス時にクロールが発見した、タイトルタグの問題、メタディスクリプションの問題、インデックス不可コンテンツの問題などがわかります。タイトルタグやメタディスクリプションはユーザーの目に触れる可能性があるので、問題がある場合は改善しましょう。
見方:検索での見方→HTMLの改善

5.表示したくないサイトリンクの順位を下げる

サイトリンクはGoogle がユーザーの役に立つと判断したときのみ、検索結果に表示されるページリンクのことです。サーチコンソールのサイトリンクでは、表示したくないリンクが上位に表示されている場合、順位をさげることができます。
見方:検索トラフィック→サイトリンク

6.リンク数の多いリンク元や多くリンクされているページがわかる

見方:検索トラフィック→サイトへのリンク

7.内部リンクの数がわかる

ページの内部リンクの数はページの重要度をはかる要素になります。サーチコンソールの内部リンクページでは、重要なページにどれほどのリンク数があるか確認できます。
見方:検索トラフィック→内部リンク

8.自分でターゲットとなる国や言語を指定できる

Googleはふだん自動的にサイトのターゲットとなる国を判断していますが、インターナショナルターゲティングを活用すると、自分でターゲットとなる国や言語を設定できます。
見方:検索トラフィック→インターナショナルターゲティング

9.モバイルからのユーザビリティを確認できる

モバイルからのユーザビリティに問題がある場合に、エラーが表示されます。
見方:検索トラフィック→モバイルユーザビリティ

10.インデックスされているページ数やブロックされたデータを確認できる

見方:Googleインデック→インデックスステータス

11.クロール時に多く検出したキーワードがわかる

見方:Googleインデック→コンテンツキーワード

12.ブロックを検出したリソースが存在するURLがわかる

見方:Googleインデック→ブロックしたリソース

13.検索結果からURLを一時的に削除できる

コンテンツ自体が削除されるわけではありませんが、検索結果から一時的にブロックすることができます。
見方:Googleインデック→URLの削除

14.クロール状況を把握しデータを確認できる

クロール状況を把握し、クロールされたページなどを確認できます。
見方:クロール→クロールステータス

15.クローラにアクセスされたくないコンテンツを指定できる

見方:クロール→robots.txtテスター

16.不要なクロールを削除できる

見方:クロール→URLパラメータ

参考:サーチコンソール (旧:ウェブマスターツール) とは|ナイル株式会社

以上が、サーチコンソールでできることの一覧です。

また、google アナリティクス・アドワーズと連携してより詳しくサイト分析をすることも可能です。