検索エンジンってなんですか?SEOとの関連性

検索エンジンとは

検索エンジン(英語: search engine)とは、インターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能およびそのプログラムの総称のことです。

有名なところで言いますと、googleやYahooなどが想像できると思います。

またアルゴリズムの検索の方法によって、ロボット型検索エンジン・ディレクトリ型検索エンジン・メタ検索エンジンなどに分類されます。

検索エンジンは、検索窓と呼ばれるボックスにキーワードを入力して検索をかけます。

検索エンジンマーケティングとは

よくWebマーケティングの業界では【検索エンジンマーケティング】という言葉を耳にします。

では、【検索エンジンマーケティング】とはどういっことでしょうか。

基本的に上記単語の位置づけとしては、「検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法」となっています。

しかし、もう少し広い解釈をしていくと「検索エンジンによって得られるユーザー情報や市場情報の活用・見込み客を誘導するための手法」

つまり、いかに【データ】と【情報】をいかに拾い上げるかによってWeb戦略の精度は変わってきます。

検索エンジンマーケティングの考え方 SEO

SEOとは、ご存知の方も多いと思いますが「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。

つまり、GoogleやYahooなどの検索エンジンで、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のことです。

Webサイトには、【F字理論】というセオリーがあります。

fji

上記画像のように、ユーザーのWebサイトを見ているユーザーの視点を表現したものです。

「左上」の方に人の視線が集中することがデータでも証明されています。

また、クリック率ですがこちらもほとんどのユーザーが「1ページ目の上位」に表示された記事をクリックすることがアメリカのインターネットサービス会社AOLが発表しています。

以下のことから、いかに自社サイトの内容を検索エンジン内において上位に表示させるかが鍵になってきている。

どういうやり方で、画面の上位に表示させるかなどはテクリカルな要素も多い(プログラム言語の作り込みなど)専門性が強いためこちらでは割愛します。

シェアする

フォローする