質の高いコンテンツで検索順位を上げるコンテンツSEO

コンテンツSEOとは

一般的に【コンテンツSEO】とは、質の高いコンテンツ(情報)を定期的にに作成・配信することによって、検索エンジンからの自然流入を増加させる集客施策です。

リスティング広告とは異なり、一度コンテンツを作成・配信すれば継続的にサイトへの流入を稼ぐことができ集客手法として注目を集めています。

事前マーケティングでテーマ・キーワードを決める

コンテンツSEOを始めるにあたり、自社の配信したい情報を精査・棚卸しする必要があります。

幅広い情報のテーマ・キーワードから、最終的に自社の商品やサービスにだけ結びつくようなニッチなものを見つけ出すことがアクセス数の増加にあたります。

候補のテーマ・キーワードがでてきたら、google キーワードプランナーなどを用いて、月次どのくらいの検索数があるか確認する必要があります。

あまりにもニッチや自社の情報に傾きすぎていると、そもそも検索している人自体がいないかもしれません。

ある程度、検索数があることが判明したらそのテーマ・キーワードに関してコンテンツを作成していきましょう。

コンテンツSEO事例 メガネの通販会社

メガネ通販のオーマイグラス株式会社が運営しているOMG Pressは、メガネやサングラスの情報を配信しているメディアサイトです。

通販サイトとは、別枠blog形式に運営されておりそのコンテンツの中に記事ランキングがあります。

そのランキングの上位で注目する点はライバル会社である【JINS】や【眼鏡市場】などのレビュー記事を載せていることです。

ちなみに、「眼鏡市場 レビュー」と検索するとかなり上位にこのOMG Pressが登場します。

あえて、他社の情報も載せることで、比較検討フェーズでのSEOにも成功している事例です。

最終的にユーザーを喜ばせたコンテンツが強い

多くの人は、SEOは何か難しいもののように考えています。

なぜなら、SEOというと被リンク・事前マーケティング・有効なキーワード・HTMLタグなど難しい理論が多いからです。

しかし、大元のgoogleはそんな難しいこと理論のことは考えていません。

下記がGoogleからのメッセージです。

検索ユーザーが素晴らしいサイトを見つけて情報を得る、その手助けのためにGoogleは多くの検索アルゴリズム変更を行っています。私たちはまた、検索アルゴリズムだけの為でなく、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。

Googleは検索ユーザーにとって最も有益なページが検索上位に表示されるように、日々、改善を行っています。毎日アルゴリズムを何百通り更新していると言われています。

つまり、どんなSEO対策をするよりも先に良質なコンテンツを作る努力をしなくては、意味がないということです。

そして、良質なコンテンツさえ作り続けていればSEOからの集客は自然と多くなっていきます。

SNSの発展により、良質なコンテンツはシェア・ナチュラルリンクが集まるスピードも過去と比べて遥かに早くなっています。

本当に集客を成功させたいのなら、競合の他社サイトよりも良質なコンテンツを作ることに集中することが最短の道のりと言えそうです。

シェアする

フォローする