トリプルメディア時代の戦略

トリプルメディアの概要

現在インターネットが発達し、いろいろなWebサービスが存在しています。

その上で、Web上での集客方法は多岐に渡ります。
情報発信者はどのようなアプローチ方法があり、どのように使い分ければいいのか。

それぞれの戦略がどのような相関関係があるのかをすべて理解するのは簡単なことではありません。

その理解を助けるのに役立つのが【トリプルメディア】という概念です。
トリプルメディアの考え方はWeb上でのアプローチ方法を体系立て、互いの相関関係も明確にしているため、全体の構造を理解しやすくなります。

今回は、トリプルメディアの概要をご説明します。

トリプルメディアとは、【オウンドメディア・アーンドメディア・ペイドメディア】の総称です。
企業と消費者との接点となり得る媒体を整理し、3つに分類したフレームワークで、日本では2010年頃から徐々に注目を集めるようになってきました。

オウンドメディア(owned madia)

オウンドメディア(owned madia)とは、企業が運営するメディアを指します。
コーポレートサイトやネットショップ、企業ブログなど、自社が保有するメディアは全てオウンドメディアに分類されます。

主なオウンドメディア

・コーポレートサイト
・ネットショップ
・自社ブログ
・スマホサイト
・メルマガ

企業の多くがコーポレートサイトを現在所有しています。

しかし、ユーザーと出会う機会を増やすには自社ブログ(メディアサイト)も導入するほうがいいと思います。
また、サイトのスマホ対応(レスポンシブデザイン)は必須です。

スマホユーザーが増加している一方でパソコンユーザーは年々減少しております。

更にGoogle検索エンジンもモバイル対応しているホームページを優先して表示させるアルゴリズムに更新されています。

近年は、オウンドメディアのなかでも自社サービスに関連する分野の情報を配信するメディアを持つ企業が多く、直接的な収益ではなく見込顧客の獲得を目的に運営されるタイプが増えています。

アーンドメディア(earned media)

アーンドメディアとは、共感と共有を生むメディア(シェア)を指します。

主にFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアやユーザー発信の情報がメインコンテンツとなるメディアや口コミサイトなどが該当します。

主なアーンドメディア

・Facebook
・Twitter
・Instagram
・LINE
・ブログサービス
・口コミサイト

ビジネスに活用しやすいソーシャルメディアとしてFacebook・Twitterが圧倒的ですが、アクティブ率の高いLINEも非常に有用視されています。
それぞれのソーシャルメディアで属性が違うため、商材やターゲットユーザー層が最も利用していると考えられるソーシャルメディアを選んで使用しましょう。

ペイドメディア(paid media)

ペイドメディアとは、企業が料金を支払って広告を掲載するメディアを指します。
ネット広告にも多種多様なメニューが存在しています。

費用対効果を厳密に測定できる分、よりターゲットユーザーに合わせた広告媒体を選定する必要があります。

3つのメディアの関係性ビジュアル化

トリプルメディア

上記に記載してきたようにトリプルメディアにはそれぞれ異なる特徴があります。

お互いに補完しながら成り立っています。
例えば、ペイドメディアは短期的な集客が得意ですが、ユーザーとのコミュニケーションや関係性を維持することやブランド構築には不向きです。
ユーザーとのコミュニケーションであればアーンドメディアで、ブランド構築であればオウンドメディアで補完していきます。

それぞれのメディアの特徴を把握し、バランスよく利用することでよりWebマーケティングを最大化できるようになります。

シェアする

フォローする