よく聞くWordPressとは?自社メディアサイトでおすすめな理由。

WordPressについて

WordPressとは…読み方は【ワードプレス】と読みます。

無料で提供されているオープンソース【ブログシステム】型のソフトウェアのことです。

基本的な作りはPHP(プログラム言語)とMySQL(データベース)で作らています。

比較的簡単にwebサイトや自社メディアサイトを作ることができます。

メリット・デメリット

【①SEO】

WordPressの最大級のメリットは【SEO】に有利な点です。

※ SEOとは…検索エンジン最適化のこと。検索エンジン上(Google・Yahooなど)で、検索されたときに、上位に自分のサイトを表示させる技術(手法)のこと。
サイトが上位に表示されることで、多くの人の目に留まりアクセス数を集めることが目的となります。

数多くのSEOの専門家が「WordPressは、SEOに効果的である」と発言しており、その中でも代表的な存在が、【マット・カッツ(Matt Cutts)氏】になります。

マット・カッツ氏は、Googleの検索エンジンを開発する部門の責任者の一人で、WordPressが、Google検索におけるSEOに効果があるということを公認し、下記のように発言しています。

” ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。

なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです”

参考元:WisdomMingle.com:Google検索の責任者やSEOの天才も認めるWordPressのSEO効果

この発言からSEOにおいて有利なシステムなのかがわかります。

【②カスタマイズが簡単】

WordPressの特徴としまして【テーマ】や【プラグイン】というテンプレートがあります。

これらを駆使すれば、比較的簡単にサイトをカスタマイズすることが可能です。

まずは、【テーマ】に関して解説します。

テーマテンプレートとは…WordPressの【視覚的な構成・デザイン】テンプレートです。
Wordpressがデフォルトで用意しているモノから、個人で作って配布されたモノまで、多数のテンプレートが用意されています。

なので、【テーマ】を設定してから、すぐにサイトとしての機能を使用することができます。

また、【プラグイン】とは…WordPressで作ったサイトに対して、新しく簡単な設定だけするだけで機能を追加することが可能になるものです。

よく【○○○○にオススメのプラグイン10選】などの記事を目にしますが、プログラム言語の専門的知識がそこまでなくても、簡単に機能を追加することが可能です。

【③書籍・情報が多い】

WordPressは、ブログソフトウェアの中で最も多く利用されているため、当然参考に出来る情報が多く存在します。

ネット上にも情報が多くありますが、書籍の種類も多いことがあまりネットに触れない人から見ても信頼性が高いのではないのかと思います。

今後はおすすめの書籍に関しての記事も発信していきます。

次は、デメリットに関して解説します。

WordPress(ワードプレス)の2つのデメリット

【①プログラム言語の基本知識が必要】

WordPressで作ったサイトをデザイン性・プラグイン以外の機能等をカスタマイズする際には、HTMLやCSS・PHPの知識になります。

デザインに関しては、HTMLとCSSの知識は必須といって良いでしょう。

全くHTMLとCSS知識がない人は、最初は少しハードルが高いかもしれません。

しかし、【テーマ】をそのまま使う等の使用方法でしたらHTMLとCSS知識がない人でもスムーズに使えると思います。

【②ドメイン・サーバーを用意する必要がある】

WordPressの場合、アメブロなどのブログサービスと違って、別途【ドメイン】・【サーバ】を用意する必要があります。

ですので、Wordpressでサイトを運営する際は、ドメイン・サーバ代が月々費用として掛かってしまいます。

また、Wordpressの知識とは別に各種設定や管理も自分でおこなっていかなければなりません。

これらに疎い人は、最初のうちはハードルが高いでしょう。

ドメインや、レンタルサーバーの準備については、別途記事にしていきます。

【まとめ】

今回の記事では、【Wordpress】の基本的な概要から使用・運営のメリット・デメリット。

を紹介してきました。

WordPressは最初こそハードルが高いですが、長期的にみればメリットの多いモノになります。

多数の集客目的・デジタル資産の価値を高めマーケティング利用・ビジネスサイトとして使用の際は、【Wordpress】を利用することをオススメします。

シェアする

フォローする